四条通歩道拡幅事業の国際交通安全学会賞(業績部門)受賞について

http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000196090.html

inoue

【広報資料】(お知らせ)四条通歩道拡幅事業の国際交通安全学会賞(業績部門)受賞について
ページ番号196090ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます twitterでツイートする Facebookでシェア 2016年3月25日
四条通歩道拡幅事業が「国際交通安全学会賞(業績部門)」を受賞!
この度,昨年10月末に完成した本市の「四条通歩道拡幅事業」が,公益財団法人国際交通安全学会(IATSS)外部サイトへリンクします(※)が主催する「平成27年度国際交通安全学会賞」において「学会賞(業績部門)」に選ばれるとともに,下記のとおり贈呈式が行われますので,お知らせします。

※ 公益財団法人国際交通安全学会は,交通に関する諸問題について国際的に調査研究を進めるなど,理想的な交通社会の実現に寄与することを目的として活動する団体です。

1 開催日時
平成28年4月8日(金曜日) 午後4時45分~午後6時

2 開催場所
経団連会館 2階 経団連ホール(東京都千代田区大手町1-3-2)

3 本市出席者
門川 大作 京都市長
佐伯 康介 京都市交通政策監

4 来賓
金髙 雅仁 警察庁長官
安田 貴彦 内閣府大臣官房審議官

5 授与者
武内 和彦 公益財団法人国際交通安全学会会長

6 受賞内容
○学会賞(業績部門)
受賞者 :京都市
業績題目:人と公共交通を優先した交通まちづくりへの挑戦
-四条通道路空間再配分整備事業-
受賞理由:別紙1参照

7 参考資料
参考資料1「国際交通安全学会 トピックス」
参考資料2「過去の受賞歴一覧」

■国際交通安全学会賞とは
公益財団法人国際交通安全学会は,交通問題に自然・人文諸科学の英知を集結し,学際的研究を確立するため,昭和49年に設立された公益法人です。設立以来,多領域の研究者による幅広い活動を進めています。
学会の諸活動の一環として,昭和49年より国際交通安全学会賞を設け,準備期間を経て昭和54年より実施されております。この賞は,理想的な交通社会の実現に対して著しく貢献した「業績」,「著作」,「論文」を顕彰するもので,表彰状ならびに賞牌を贈呈し,副賞として賞金(業績部門50万円,著作・論文部門20万円)が贈られます。
特に,業績部門は,理想的な交通社会の実現に対して,研究・施策の推進・普及・啓発など,あるいは機器の開発,設備・施設の建設などに多大な業績をあげたものを対象に,過去3年以内に成果が顕著となった業績の中から選考されるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.