「宅地建物取引主任者」は「宅地建物取引士」となります。

2015年年4月1日より、

宅地建物取引業法の一部改正を受け
「宅地建物取引主任者」の名称が宅地建物取引士」とカッコよくなります。

弁護士や公認会計士・税理士等の士業の仲間入りでしょうか。
今後は略称として「宅建士」とか「宅建取引士」と呼ばれることのなるのでしょうか。

現在、「宅地建物取引主任者証」をお持ちの方々は、
有効期限までは「宅地建物取引士証」となるそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.