京都市公衆無線LANが認証方式に変更される

以前から認証方法が弱いと京都府警より指摘のあった、京都市の公衆無線LANについて、

10月1日からは認証方式を変更し悪用対策をするそうです。

 

 

公衆無線LANは観光客等の利便性向上での設置が進んでおり市内各所で利用が可能です。

今までの市のシステムでは、利用規約に同意するだけで誰でもインターネットを使用できる

手軽な認証方式を使用していたのですが、

手軽な半面、利用者の特定が非常に難しく、薬物の取引やサイバー攻撃などに悪用される恐れがあるとして、

京都府警が3月に市に改善を求めていました。

新しい接続方法は

1、アカウント入力(グーグル、ヤフージャパン、フェイスブック、ツイッター)

2、メールアドレスを入力

これにより利用者特定が出来る様になります。

さらにフィルタリング機能強化により、児童ポルノ関連、アダルト、違法行為サイトも閲覧できないようになります。

【京都市HP関連ページ】

http://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/page/0000188123.html

 

また、四条通もwi-fi「四条無線LAN}が通っておりますのでご利用下さい。

【四条通HP】

http://www.kyoto-shijo.or.jp/

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.